ローションパックで本当にしっとり肌?

今日はローションパックのお話です。

冬場、乾燥が気になりせっせとローションパックをしている人が多いのではないのでしょうか?

果たしてこのローションパック、本当にお肌にいいのでしょうか?

私は、はっきりとNOです。

ローションパックはお肌に良いどころか、敏感な乾燥肌を作る要因になるでしょう。

ローションパックの勧めの殆どが「保湿」という名目ですが、ローションや化粧水では保湿はできません。

お肌は水に長い間浸されると一番上の角質層がふやけ、直後はなんとなく潤った気がしますが、ふやけた角質層の水分が空気中に蒸発して行く時に、本来肌にあった水分も一緒になって蒸発していきます。

保湿をうたったローションや化粧水にはヒアルロン酸やグリセリンなど水を溜め込む成分が配合されていますので、それらの成分が潤いを保つ役割をしますが、それらの成分は美容液などにはもっと多く配合され、さっと塗るだけで十分です。

わざわざローションパックをする必要はありません。

私たちは水の中に住んでいる生き物ではないので、水に体が触れ続けることはよい事ではありません。

肌はごくごくと水を飲んだりしませんし、土のように水分を吸い込むこともしません。

ローションパックが効果を発揮する使い方があるとしたら、それは日焼けをした時にお顔の火照りを取ったりする時ででしょう。

水を付けるとその部分が冷えてきます。

冷えると血管縮小が起き体温が外に逃げるのを防ぎますが、血流が悪くなる分お肌の表面に水分は届けられません。

日焼け後の一時的に、熱を取って水分を肌表面に与えるというやり方でのローションパックは良いですが、ローションパックはお肌を冷やします。

冷やす=血流の流れが悪くなる=内側からの水分補給が悪くなる

だけでなく、血流の流れが悪くなるということは、保湿どころか大切なお肌への栄養分も運ばれてきません。

コラーゲンやエラスチンなど、肌の若さを保つ大切なもの生成も悪くなります。

体の冷えを気にする女性はたくさんいます。

体は温め何故、お顔だけ冷やすのですか?

化粧水でのローションパックは、お肌を保湿するどころか、着々と老化を早める行為です。

 

 

 

「つづき」を書く活力になります…今日もまたポチっといただけると美咲もっとがんばります。

1人1日1回。お肌で悩んでいる方へ1人でも多くにこのブログが届きますように…
…………………………………………………………………………………………………………

スカイプで無料お肌相談おこなっています。
スカイプID : BeautyScienceDaySpa
(予約制です。beauty-science@i.softbank.jpまでご連絡ください。右上の青い「お問い合わせ」をクリックすると自動でメールフォームになります)

facebookface book page
…………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree