ブラジリアンワックス 作り方

ブラジリアンワックスの作り方を検索すると、いくつかのサイトを探すことができますが、正しくはシュガーワックスの作り方になります。
名前通り、主にお砂糖を主成分として作られた水飴のような粘着力で、むだ毛を毛根から引き抜きます。
適した脱毛箇所は、足や腕、背中(誰か他の人に手伝ってもらえれば)などになります。
シュガーワックスの良いところは、水で洗い流せますので、ワックスに不慣れで初めてトライする方が失敗しても安心なところでしょう。
毛と同じ方向にヘラを使って伸ばし、その上に布を押し当て、一気に剥がします。

ブラジリアンワックスの作り方というとアンダーヘアーの処理をされたい方が殆どかも知れませんが、その部分のセルフケアはあまりお薦めいたしません。
サロンではシュガーワックスではなく、プロフェッショナル用の特殊なワックスを使います。
お肌に負担をかけずに、複雑に毛が生えた場所を奇麗に脱毛できるように作られています。
プロフェッショナル用のブラジリアンワックスの作り方は残念ながら、自宅で作れるものではありません。

足や腕などは自宅でシュガーワックスを使って処理できますが、
デリケートなアンダーヘアーのお手入れはプロフェッショナルに任せた方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree