大切な毛周期

脱毛を行う時にとても大切なことがあります。
それは1度脱毛を始めたら脱毛スケジュールに沿って脱毛を行うことです。

脱毛は毛の毛周期に合わせて行います。
毛周期とは毛の成長するサイクルのことを呼びます。

(成長期)
毛が伸びている期間です。脱毛に効果を発揮するのはこの時期の毛です。
(退行期)
毛が伸びきって成長を止めた期間です。しばらくして毛は抜け落ちます。
(休止期)
毛の生えていない状態で、毛穴が休んでいます。次の成長期を待っています。

毛周期は体の部位によって若干異なります。
脱毛スケジュールは成長期に合わせていますので、1度脱毛スケジュールを狂わせてしまうと、脱毛が終了する予定した日数よりも時間がかかってしまいます。

例えばビキニエリアの毛は、約30%が成長期の毛でその期間は3〜4ヶ月だと言われています。
1度逃した30%の成長期の毛が次に成長期になるのに約半年から8ヶ月間待たなければいけなくなります。
なぜ、成長期の毛でないと脱毛できないのかと言いますと、毛の毛根の下には毛母細胞というものがあります。
この毛母細胞が毛を成長させる役割を果たしており、脱毛はこの毛母細胞に熱ダメージを与えます。
退行期や休止期の毛の下にはこの毛母細胞がなかったり、離れてしまっているため、ダメージを与えることができません。
外見からはどの毛が成長期でどの毛が退行期なのかは判断できませんが、毛を引き抜いた時に毛の下に黒くてツヤツヤした丸い塊がついてくるものは成長期の毛で、何もついてこない、または小さく白いものが少しだけついているようなものは退行期の毛です。
ただ抜いてしまっては脱毛できませんので、1度脱毛を始めたらきちんとスケジュール通りに脱毛を行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree