冬場の乾燥地獄に陥らない方法

そろそろ、お肌の乾燥が気になる季節になってきますね。

今日は冬場の乾燥ケアの話です。

お肌が乾燥するからと言って、すぐに保湿ジェルやクリームを足してはいけません。

まずは、クレンジングや洗顔を見直します。

まだ!このブログを読んでいらっしゃる方でパンプキンクレンザーを使ったことがない方が、いらっしゃったら、まずはパンプキンクレンザーを使います。

↑冗談なようで、本気です。 ww

(やさしい口調で)もし、パンプキンクレンザーを使われていても乾燥を感じる方は、(あまりいませんが)、パンプキンクレンザーにミルキータイプのクレンザーを混ぜたり、パンプキンクレンザーの使用を夜だけにしたります。

クレンジング&洗顔の基本は、洗った後に肌がつっぱらないのを目標とします。

また、顔を洗う時のお湯の温度も熱いお湯で洗わないようにしましょう。

熱いお湯は、皮脂を溶かし出してしまい肌を乾燥させます。

日本人は熱いお湯が好みで、そして健康のためにと毎日長風呂の傾向があります。

浴槽に浸かることは良い事ですが、浸かり方を間違えると、体全体がとても乾燥します。

冬場の乾燥対策は、まず、クレンジグ&洗顔を見直す。(夏場とは違う洗顔をする)

熱いお湯に浸かりすぎない、水分摂取に気をつける。(水をよく飲む。)

などをした後に、やっと保湿のジェルやクリームを足すという行為に走ることが許されるのです。

これらの大事なことを無視して、保湿ばっかりすると、乾燥地獄に陥って苦しみます。

過度な保湿は肌の自然な皮脂分泌量を低下させます。

冬場の乾燥地獄を経験された方、夏場と同じ洗顔方法、入浴は熱めのお湯にゆっくり体の芯まで温まるように浸かり、その直後、保湿クリームまたはオイルまみれになっていたのではありませんか?

 

 

 

 

「つづき」を書く活力になります…今日もまたポチっといただけると美咲もっとがんばります。

1人1日1回。お肌で悩んでいる方へ1人でも多くにこのブログが届きますように…
…………………………………………………………………………………………………………

スカイプで無料お肌相談おこなっています。
スカイプID : BeautyScienceDaySpa
(予約制です。beauty-science@i.softbank.jpまでご連絡ください。右上の青い「お問い合わせ」をクリックすると自動でメールフォームになります)

facebookface book page
…………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree