ニキビ跡の対処法

明けましておめでとうございます。

今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年、年初めのブログは、どうやったらニキビ跡ができてしまうのか?とその後の処置方法のお話です。

なんとなくビューティサイエンス・デイスパらしい内容だと…

ニキビ跡にはクレーターのように凹んだものや、その反対に盛り上がったもの、また色素沈着もニキビ跡でよく見られる症状です。

凹んだものや盛り上がったニキビ跡は、ニキビが皮膚の深いところまで炎症を起してしまったときに起きます。

皮膚の深いところを傷つけられたニキビ跡は、その修復作業に取りかかります。

コラーゲンを生成してもとの肌に戻そうとするのですが、そのときにコラーゲンが足りないと凹んだニキビ跡多すぎると盛り上がったニキビ跡になります。

これらのニキビ跡を薄くするには、マイクロダーマブレージョンやケミカルピール、またはその混合トリートメントなどがお薦めです。(1回ではなく数回から十数回)

ホームケアではレチノールが配合されたものを使ってもらいます。

ですが、ひどいニキビ跡をまったくの元通りに戻すことは難しいです。

それでも今の状態よりは目立たなくすることができます。

そんなことにならないようにするためには、普段から重傷のニキビを作らないように、肌に合った角質落としをすることや、できたニキビを最小現に抑えることが大切です。

定期的なマイクロダーマブレージョン、セラムAM&Aセラムを取り入れてホームケアがお薦めです。

スタッフ真衣ちゃんのインスタグラム日々更新してます♪
皆さまフォローお願いいたします。

こちらをクリック

 

「つづき」を書く活力になります…今日もまたポチっといただけると美咲もっとがんばります。

1人1日1回。お肌で悩んでいる方へ1人でも多くにこのブログが届きますように…
…………………………………………………………………………………………………………
スカイプで無料お肌相談おこなっています。
スカイプID : BeautyScienceDaySpa
(予約制です。beauty-science@i.softbank.jpまでご連絡ください。右上の青い「お問い合わせ」をクリックすると自動でメールフォームになります)
facebookface book page
…………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree