誤解だらけのケミカルピール

毛穴の詰まりの解消とケミカルピールはとっても深い関わりがあります。

というか、ケミカルピールなくして奇麗な毛穴を維持するのは難しいです。

「ケミカルピール」

と、言うと日本のエステ業界であまり良いイメージがないのが、私には残念で仕方がありません。

「ケミカルピール」と言っても、

いろんな種類があります。

グリコール酸、乳酸、サリチル酸、TAC、レチノール、リンゴ酸。などなど。

そして使う酸のパーセンテージとPH(ペーハー)によってピーリングの効果は違ってきます。

これらの使い分けによって、軽いピールから深いピールまでの調節を行います。

深めのピールになると、赤くなったり一時的に乾燥し、実際にお肌が数日間かけてピールします。

紫外線からしっかりとお肌を守る必要があり、

ダウンタイムと呼ばれる、肌が通常の状態に戻るまでの時間を必要とします。

またピールを続けると肌が薄くなる、と思っている方も多いですが、

逆です。

ピールは肌をピールさせるのが目的ではなく、ピールをさせその後に新しい肌を生ませるのが本当の目的です。

また、肌が赤くなったり、ヒリヒリするのが良くないと思っている方も多いですが、

そんなことないです。

ある程度以上のピールはヒリヒリしたり赤くなるのは当たり前のことです。

そして、最後に、

ケミカルピールは自由自在にお客様の肌とニーズに合わせて、深さを調節できます。

いろんな顔を持つケミカルピールをもっと多くの方に知って欲しいと思います。

 

 

 

「つづき」を書く活力になります…今日もまたポチっといただけると美咲もっとがんばります。

1人1日1回。お肌で悩んでいる方へ1人でも多くにこのブログが届きますように…
…………………………………………………………………………………………………………

スカイプで無料お肌相談おこなっています。
スカイプID : BeautyScienceDaySpa
(予約制です。beauty-science@i.softbank.jpまでご連絡ください。右上の青い「お問い合わせ」をクリックすると自動でメールフォームになります)

facebookface book page
…………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree