お肌の保湿のウソ・ホント

よく毛穴を奇麗にするには保湿が大切。などと言われます。

間違ってはいませんが毛穴を奇麗にするには、角栓を詰まらせないAHAやBHAが必要です。

、、、が、今回は「保湿」についてのお話です。

保湿成分の代表選手として知られるのが「ヒアルロン酸」ですが、

ヒアルロン酸はどうやってお肌を保湿しているのでしょう?

ヒアルロン酸=ヒアルロン酸自身の○○○倍もの水分保持能力がある。

よく聞いたことのある言葉だと思います。

ヒアルロン酸はお肌の真皮というところに存在しています。

お肌は表皮と真皮の2層からなります。(真皮が下)

ヒアルロン酸は巨大な高分子です。(大きさが大きい、100万以上の分子量と言われている)

ので、お肌には浸透しません。

粘着性も高いヒアルロン酸はベッタリお肌の表面に張り付きます。

それが「ヒアルロン酸入り」を歌っている化粧水などのお化粧品の保湿の仕方です。

肌に足りなくなったヒアルロン酸を補給しているわけでも、内側から保湿をしているわけでもありません。

コラーゲンも同様です。

たまに「ヒアルロン酸原液」などが売っていますが、本当に原液だった場合、化粧水などをたっぷり使わないと危険な感じがします。

雨の日など湿度がかなり高ければよいですが、空気中に充分な水分がない場合、お肌の中から水分を吸収し表面にひっぱり出すことになります。

肌表面は潤いますが、体内に水を補給しないとお肌の中はカラカラです。

水を飲まなくてはいけません。

「○○原液」というと、いかにも効きそうな感じがしますが、

成分は単体よりも複合の方がより有効で、その配合量は専門の科学者(chemist)が知っていることで、

一般の人が理解し得るものではないと私は思っています。

美容は科学です。

セールストークに騙されず、理論的にスキンケアを考えることができれば、お肌は本当に輝きます。

最後に、、

お肌の本当の「保湿」ついてはまた別の機会に書きたいと思いますが、

ヒアルロン酸での保湿(表面ですが)はニキビやオイリースキンの方で、クリームなどの油分が使えない人にはよい保湿剤となるでしょう。

ドライスキンの方でヒアルロン酸でお肌の内部を保湿したい!と思う方は、

ヒアルロン酸を内服した方がいいと思います。

 

 

 

 

「つづき」を書く活力になります…今日もまたポチっといただけると美咲もっとがんばります。

1人1日1回。お肌で悩んでいる方へ1人でも多くにこのブログが届きますように…
…………………………………………………………………………………………………………

スカイプで無料お肌相談おこなっています。
スカイプID : BeautyScienceDaySpa
(予約制です。beauty-science@i.softbank.jpまでご連絡ください。右上の青い「お問い合わせ」をクリックすると自動でメールフォームになります)

facebookface book page
…………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree