ニキビと戦っている時は避けた方がいい2つの食べ物

ニキビができる理由はシンプルな時もありますが、いろんな理由が重なりあったりしている時もあります。

お医者さんに行ってもなかなか治らなかったりと、ニキビはとてもやっかいです。

食べ物とニキビが関係ないと言われていた時もありましたが、そんなことは決してありません。

今日はニキビと戦っている時に普段の食事で気をつけた方が良い食べ物2つをご紹介。

1塩分

塩分の取り過ぎは「むくみ」を引き起こし、肌を乾燥させます。
乾燥はニキビが治る過程を邪魔してしまい、治りが遅くなりますので注意が必要です。
日本食はとかく塩分が多めですので気をつけましょう。

2精製された穀類

一昔前は「脂っこいものを食べるとニキビができる」と信じられていましたが、最近は糖質だと言われています。
血糖値の上昇はインスリンレベルを引き上げ、ニキビができやすくなります。
いわゆる「白い」ごはんやパンではなく、ビタミンBが豊富な「茶色い」玄米やパンに変えると良いです。
ビタミンBはストレスと戦い、ホルモンレベルを調節してくれるビタミンです。

うっかりすると、ついつい取り過ぎてしまう2つ。気をつけましょう。

 

 

「つづき」を書く活力になります…今日もまたポチっといただけると美咲もっとがんばります。

1人1日1回。お肌で悩んでいる方へ1人でも多くにこのブログが届きますように…
…………………………………………………………………………………………………………

スカイプで無料お肌相談おこなっています。
スカイプID : BeautyScienceDaySpa
(予約制です。beauty-science@i.softbank.jpまでご連絡ください。右上の青い「お問い合わせ」をクリックすると自動でメールフォームになります)

facebookface book page
…………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree