お肌にやさしい日焼け止め

今日は日焼け止めの成分のお話です。

日焼け止めには大きく分けて2種類あります。

紫外線を吸収したり中和したりする「紫外線吸剤」と紫外線を反射させる「紫外線反射剤」。

一般的にケミカルフリーな肌に優しいのは「紫外線反射剤」と信じられています。

紫外線反射剤としてアメリカのFDAから認定されているのは2つだけ。

酸化チタン酸化亜鉛です。

でも両方ともケミカルです。

日焼け止め吸収剤はは紫外線を吸収、中和し、熱として発散させます。

それに比べて反射剤は熱を反射させるため、吸収剤よりも肌への刺激が少ないです。

また反射剤は吸収剤よりも刺激が少なくお肌に優しいのは本当です。

日焼け止めの効果も高いと言われる反射剤ですが、質感がべっとりとして白いものが多く、

使用感があまり良くないのが難点です。

多くの日焼け止めは吸収剤と反射剤をミックスさせています。

べっとり感がある反射剤ですが、反射剤の成分のひとつ亜鉛はニキビに効果的と言われています。

日焼け止め成分をまとめてみました。

(吸収剤)
アボベンゾン、オクチノキサート、オキシベンゾン、オクチサレート、オクトクリレン、メキソリル、ホモサラート、パディメイトA、パディメイトO

(反射剤)
酸化チタン、酸化亜鉛

次回はどの日焼け止め成分がどのUVに効果を発揮するかなどのお話です。(多分)

 

 

 

「つづき」を書く活力になります…今日もまたポチっといただけると美咲もっとがんばります。

1人1日1回。お肌で悩んでいる方へ1人でも多くにこのブログが届きますように…
…………………………………………………………………………………………………………

スカイプで無料お肌相談おこなっています。
スカイプID : BeautyScienceDaySpa
(予約制です。beauty-science@i.softbank.jpまでご連絡ください。右上の青い「お問い合わせ」をクリックすると自動でメールフォームになります)

facebookface book page
…………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree