洗ってもなかなか落ちない日焼け止めは要注意?

そろそろ紫外線に注意しなければいけない季節になってきました。

今や日焼け止めを一年中つけるのは当たり前ですが、日焼けをしたくないあまりに逆に肌に負担をかけてしまっているかも知れません。

さて夏に海やプールで泳ぐ時に体にどんどん塗る日焼け止めと、ファンデーションや下地に入っている入っている日焼け止めは何か違うのでしょうか?

皆さんが今普段使いしている日焼け止めはどっちの日焼け止めですか?

ウォータープルーフのしっかりとした日焼け止めはSPF値が高いものが多く、しっかりと肌に密着します。

一方後者の日焼け止めは、ファンデーションとしてやモイスチャライザーとしてなど、他の役割が一番で日焼け止めとしての役割は二番手だったりするためSPF値はあまり高くありません。

そうするとなんだかしっかりとした日焼け止めの方が良いように聞こえるかも知れませんが、ちょっと待って!

ウォータープルーフの日焼け止めはフィルムフォーミング・ポリマーと呼ばれる日焼け止めの成分をしっかりと肌の上に閉じ込める成分や、ワックスなどが配合されています。

それらが肌に良い悪いではなく、それらの日焼け止めを落とす時が問題です。

もしお肌に最適なクレンザーを使っても落ちず、それ専用のクレンザーが必要な場合などは要注意だとわたしは思います。

なぜならそれは多分、お肌に負担をかける行為になるからです。

お肌はお肌に優しく、最適なクレンザー&洗顔を使いましょう。

それらで落ちない日焼け止めやファンデーションは使うのを止めた方がいいです。

日焼け止めやファンデーションにクレンザーを合わせるのではなく、クレンザーに日焼け止めやファンデーションを合わせるのが、将来の肌へのためです。

わたしのサロンで言えば、パンプキンクレンザーで落ちない日焼け止めやファンデーション、メイクは使わない方が、いつまでも美しく若々しいお肌が維持できます。

参考まで、下記日焼け止めの成分表です。

INTENTIONAL/RECREATIONALがしっかりとした日焼け止め。

INCIDENTAL/DAILYが普段使いの日焼け止めです。

スタッフ真衣ちゃんのインスタグラム日々更新してます♪
皆さまフォローお願いいたします。

こちらをクリック

 

 

「つづき」を書く活力になります…今日もまたポチっといただけると美咲もっとがんばります。

1人1日1回。お肌で悩んでいる方へ1人でも多くにこのブログが届きますように…
…………………………………………………………………………………………………………
スカイプで無料お肌相談おこなっています。
スカイプID : BeautyScienceDaySpa
(予約制です。beauty-science@i.softbank.jpまでご連絡ください。右上の青い「お問い合わせ」をクリックすると自動でメールフォームになります)
facebookface book page
…………………………………………………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Spam Protection by WP-SpamFree